更新!原発政策一気に加速
―原発の最大限活用は何をもたらすのか?―
市川章人(京都自治体問題研究所・原子力災害研究会)

 政府は脱炭素対策を理由に「原発の最大限活用」へと一気に加速することを決めました。
そのために早期の再稼働を実施し、長期運転、利用率の向上を目指し、同時に新たな原子炉開発を進めようとしています。
 一気に進む原発政策が、老朽原発依存社会と増大する使用済み核燃料問題をもたらすことを明らかにします。